2013年10月29日

いまだに・・・


see-y (5).jpg
「やや、ドアが開いている」



see-y (6).jpg
「でもこの先は歩けないんだな」


いまだにフローリングが歩けないアオ氏。
同じうさぎでも、お迎え初日からフローリングを制覇、その後、部屋中自由に走り回っていた先代メルとは大違い。性格の違いなんでしょうか?

アオは齧り癖があるから、メルのようにどこでも自由に歩けてたら、人間的には困ったことになってただろうけどね。

世の中、案外うまくできてるものだね、アオくん。(´ω`)







ご訪問ありがとうございました★



posted by na_e at 16:42| Comment(8) | TrackBack(0) | うさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アオくんフローリング苦手でよかったね(o^^o)
カナたんも兎菜ちんも囓り魔のでサークル等で行動を制限するしかありません困り
Posted by 敏 at 2013年10月29日 19:44
アオたんそのフローリングの先には‘自由’がありますよぉぉ♪
でもそのへっぴり腰ちゃんにも癒されちゃいますねっ☆
Posted by まっきぃ at 2013年10月29日 21:08
★敏さん

齧られたらまずいものは、カーペットの外に出しておけば大丈夫ですからね(笑)。そのへんはとても助かってます。
アオがフローリング克服してしまったらどうしよう(笑)。
メルにまったく齧り癖がなかったのは、今思うと奇跡でした(*´∀`*)

Posted by na_e at 2013年10月30日 00:52
★まっきぃちゃん

ほんとに、今より遊べる範囲が相当広がるのにねえ♪(*´∀`*)
時々、勇気を振り絞って1、2歩へっぴり腰で歩いてみたりすることもあるんだけど、ビックビクで慌ててラグに戻ってきますよ〜(*´艸`)
Posted by na_e at 2013年10月30日 00:58
あのぉ〜、一枚目のお写真をみて、
アオちんを、パッとすくい上げたい気持ちになったあたくしですが・・(^_^;)
か、かわい〜♪♪♪

アオちん、内緒でフローリングの秘密を教えてあげよう・・(笑)

・フローリングは、アオちんのかわいらちい おみ足 がスルンっていくことがあります。
・スルンっていくことで、かわいいおみ足を
 くじいたりしてしまっては、オバチャンは、心配です。
・我が家のむぅちんもわざわざフローリングを避けて 
 走り回っていました。
 ただ、「リンゴ食べるお友達〜?」と言われた時に は、
 フローリングを利用し、ス〜っとスライディン グしてとんできました。

そんなこんなで、フローリングは、決して、安全なものではないかもしれません。
探検しなくてもいいかもなので、とにかく、気を付けて過ごしてね♪
Posted by バンビ at 2013年10月30日 14:54
★バンビさん

ありがとうございます!
私も、いつもアオを抱っこして家中散歩してやりたい気持ちに駆られるのですが、当のアオは抱っこが大嫌いという(ノ∀`)

それにしても、教えてもらったフローリングの秘密。
駅のホームで、読みながら1人で笑ってしまったじゃないですか!(←完全に怪しい人です)
むぅちんのスライディングが目に浮かぶよう。。。
なんて可愛い賢いの!(*´艸`)

帰りに思わずリンゴを買ってしまった私でした☆
Posted by na_e at 2013年10月31日 14:09
そう、兎によって色々ですよね。
先代のミースケは歩けるまで1ヵ月は掛ったかな?
でも今居るチョコは我が家に来たその日に歩きましたよ。
ついでに仏間に行って先祖様とミースケ兄ちゃんにご挨拶がてら黒豆をどっさり撒いてお供えしたと言う大物なのです。
トイレはマスターしましたが齧り癖に困ってます。

そうそう、この子もアオ君と同じお父さんがライオン、お母さんがネザーですが見た目はネザーで色は栗色です。
女の子ですがなかなか気が強いですよ。
雄が欲しかったのですが貰う時、判別が出来る人が居なくて・・・。
自分で見て多分雌だろうと思ったけど。

後ろ足で踏ん張るとすーっ滑って腹這いの様になるので見ていて面白いです。
でも好奇心旺盛の子なので懲りずに探検してますよ。
又私のコメントに出て来るかも知れませんが宜しくね。
Posted by はる at 2013年11月03日 20:46
★はるさん

ミースケちゃんとチョコちゃんも、うちのメルアオ組と同じくだいぶ性格が違いそうですね!メルに至っては、ショップのおじさんに「うさぎが環境に慣れるまでケージから出さないでね。うさぎはとてもデリケートだから…」とアドバイスいただいてたのに、お迎え当日から自分でガンガン出てきて人間たちを「どこがデリケートなんだよ!」と慌てさせました。

子ウサギの性別を判別するのって難しいらしいですもんね。チョコちゃんは、優しい飼い主さんのところに迎えてもらって、「男の子と間違われてラッキー♪」と思ってるかも(*´∀`*)

こちらこそ、これからもよろしくね、チョコちゃん♪
Posted by na_e at 2013年11月05日 01:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。